結婚式や二次会を楽しむ為に【HAPPYブライダル塾】

高級的な結婚指輪
正しい正装で

結婚式では、新郎新婦を始め、参加するすべての人が正装をします。新郎の場合は、タキシードを着用することが多いでしょう。タキシード以外にも豊富に衣装はあるので、好みのものを探してみましょう。

身内でお祝い

結婚式には、家族や友人、知人を招待してお祝いをするスタイルが多いですが、費用を抑える為に小さな結婚式を開く夫婦もいます。身内だけで集合をし、安価なプランを選ぶことが出来るでしょう。

代わりに依頼を

結婚式の二次会を管理する幹事の仕事には、さまざまなものがあるでしょう。その負担を、二次会代行業者に依頼をすることが出来ます。負担を軽減することが出来るので、とても楽な方法だと言えます。

魅力的な指輪

結婚をして夫婦になったという記念に、結婚指輪の購入が必要となります。結婚指輪は、静岡にも多くのジュエリーショップがあるので、広い範囲で購入することが出来るでしょう。

二次会で盛り上がる

結婚式の動画制作はプロの力を借りませんか?オープニングもプロフィールも最高の動画へと仕上げてくれますよ。

結婚する新婦と新郎が、親しい友人や知人を招いて行う披露宴や結婚式の二次会だが、その費用の相場についてはかなり幅がある。これは、結婚式に対する意識や価値観の変化が原因である。 従来は、結婚式、披露宴、二次会と三部構成で取り行うのが一般的であった。この場合、列席者は結婚式に参列する際に、受付や幹事に対して祝儀としてお金を払うのが主流だった。その額がおよそ3万円〜5万円である。よって、二次会の費用は多くて5千円程度が相場であった。二次会の幹事は、飲食ができて人数が収容できる会場を用意すればよかった。 しかし、現在は、堅苦しいイメージのある結婚式は行わず、披露宴や二次会などのみを行うカップルが増えてきている。この場合、祝儀は頂かない代わりに、二次会の参加費に多少の色をつけ、1万円〜2万円を相場とする流れが主流となってきている。また、結婚式を取り行わない分、二次会を派手に行う場合が多いため、幹事に求められる企画力も上がった。幹事は、様々なイベントが開催できる会場を探さなければならないのだ。

二次会の費用の変動要素は大きく3つ挙げることができる。 1つは、結婚式の開催の有無である。結婚式を開催する場合、参列者からご祝儀を頂くため、二次会の費用は低く設定されることが多い。 2つ目は、イベント内容である。祝儀に対する内祝いと同様、参加者に対してお返しを用意する場合がある。これは、ビンゴやゲームの賞品として用意される事が多い。人数や規模にもよるが、賞品のグレードが上がると参加費用も伴って上がる傾向にある。また、特殊な効果や演出を加える場合は、その費用も参加費に上乗せされることになる。 3つ目は、食事や飲み物内容である。コースや飲み放題を用意する事が多いが、バリエーションや種類を増やせば価格は上がることになり、参加費の上乗せ要素となる。